*

足汗が止まらない!精神性発汗でもある足汗を止めるための方法と塩化アルミニウムの効果とは?

      2017/03/23

足の裏に過剰な汗をかいてしまう人がいます。

これは精神性発汗や多汗症などと言われていますが、精神性発汗は不安や緊張から生じるものです。

例えば、汗をかいてはいけないと考えるとより多くの汗をかいてしまう経験をした人は多いかと思われますが、電車に乗り遅れそうになり、走って電車に乗った時、周りの人は涼しい顔をしているけれど、自分は走って来たのでいつもよりも暑く感じ、汗が止まらなくなるケースがあります。

走ると言う事で血流が高くなり汗をかくと言うメカニズムがあると同時に、その汗が中々引かないと焦りを感じてしまい、より多くの汗をかいてしまう事があります。

これも一つの精神性発汗でもあるわけですが、多汗症の場合には暑くもないのに汗が大量に出てしまうのが特徴です。

足裏に汗をかいてしまうと、靴の中で蒸れてしまい、匂いになって現われて来るので厄介ですよね。

 

足汗を止めるには

 

足汗を止める方法の一つに塩化アルミニウムがありますが、これは水溶液を足裏に塗布する事で足汗を止める事が出来る医薬品です。

塩化アルミニウムは多汗症の治療を行っている皮膚科などで処方して貰う事が出来るので、足裏に汗をかいて困っている場合など皮膚科で相談をしてみるのがお勧めです。

足汗を止める方法には、エクリン汗腺の機能を弱めてくれるイオントフォレーシスボツリヌス注射などの方法もあります。

イオントフォレーシスは手の平や足の裏を水道水に浸し、そこに弱電流を流す治療法で、水に弱電流を流すと水素イオンが発生して、エクリン汗腺組織に作用し、汗を作れなくする治療法です。

足汗を止める方法を徹底調査!足汗の原因と対策が参考になりました。
 
 

 - 未分類