*

亜鉛欠乏症の原因である亜鉛不足の要因

      2017/11/14

近年において若い世代を中心に味覚障害や免疫機能の低下などが問題視されています。

これらの問題には様々な要因が隠れていますが、その中でも特に大きいのが亜鉛不足による亜鉛欠乏症です

亜鉛は海藻類や魚介類そして肉類に含まれているミネラル成分の一つで、この成分は新陳代謝を促進するために使われるので必須の栄養分の一つとして数えられています。

なぜ必須の栄養素である亜鉛が不足による亜鉛欠乏症が増えているのかというと、その原因は食生活の変化が大きくかかわっています。

そもそも体内で蓄積できるミネラル分というのはごく少量であり、食べ物で摂取したとしても大半は尿と一緒に排出されてしまいます。

それだけなら問題はないのですが、ここで重要なのが先に言った食生活の変化です。

亜鉛不足にはサプリメントを活用しよう

近年ではレトルト食品など出来合いのもので食事を終わらせることが増えています。

しかしレトルト食品などの出来合いの食事は、味重視にするために塩分が多かったり保存料など余分な添加物が多いです。

塩分が多いと尿の排出量が増えてしまったり、また添加物の中には亜鉛の吸収を抑えてしまうものもあります。

これらの食の変化が影響する原因によって亜鉛不足となり、亜鉛欠乏症による味覚障害や免疫機能の低下が増えているのです。

亜鉛不足による亜鉛欠乏症に発展すると食事だけでは不十分です。

そこで活用してほしいのがサプリメントです。

サプリメントの効果は食材の栄養を凝縮しカプセルの中に入れるので、服用量である一粒から2粒飲むだけで十分に補給が可能です。

亜鉛不足が味覚障害の原因だった!対策と予防方法を徹底比較が参考になりました。

 - サプリメント